View Point

安曇野には見所がありますが、オーナーお薦めのビューポイントをいくつか挙げておきます。

光城山
眼下に広がる桜の絨毯。その先には安曇野の田園風景。さらにその向こうには残雪の北アルプス。運がよければ槍ヶ岳も見ることができます。(4月下旬頃)

満開の桜を眼下に北アルプスを望む

満開の桜を眼下に北アルプスを望む

長峰山

光城山とは尾根づたいにある。広い草原にはモニュメントや見晴台がある。また秋から春にかけては、スカイスポーツ、ハンググライダーやパラグライダーを楽しむ愛好家達のため滑走路がつくられている。

頂上より安曇野を一望する

頂上より安曇野を一望する

クラフトパーク
池田町東山の中腹にある町立美術館の北隣にある。安曇平の中程に位置するため安曇野を北から南まで一望できる。極稀に北アルプスに沈む夕日がシルエットを作り稜線を浮き上がらせ、言葉で言い表せないほど美しい一瞬を作り出すことがある。(私はそれを魔法の時刻(マホウノトキ)と呼んでいますが・・・。)

クラフトパークより北を望む

クラフトパークより北を望む

よろずい川
大王農場の横を流れる川。黒沢明監督の「夢」のロケーションに使われた水車小屋はあまりに有名。

DSCN1842

よろずい川の清流と水車小屋

大カエデ
大峰高原の牧草地にそびえる一本の大楓。四季折々いろいろな表情を見せるが、なんと言っても圧巻は秋の紅葉。三段に色を変えるその姿は見事の一言。ただ近年は有名になり賑やか過ぎるのが残念に思う。

七色大カエデ

七色大カエデ